2011年07月31日

家具を選ぶ。2

テクニックとして見るポイントを期待した方、
すいません。そういったことは分かりません。

デイーラーの方などは個人の好みではなく、高く売れる商品を探していますから
市場での価値というものがポイントになってくると思います。

こちらのことは僕にはほとんどわかりません。

古ければ価値があるのか?有名人が持っていたら価値があるのか?
どうやって価値が出ているのでしょうか?
これから「ASK MICHAEL」「マイケルに聞いてみよう」というコーナーで
イギリス時代の恩師の マイケル・ハントリーにわからないことをたくさん
きいて質問してみようと思います。乞うご期待。

Michael Huntley  http://www.huntleyconsultancy.com/

今日のポイントとして言いたかったことは、
好きなものを探してくださいということです。

ご高齢になって施設に入る方が、学校に依頼され
僕が担当させていただいたことがあります。

身の回りの整理として、きちんと家具を直して、
ご家族にお譲りになるという話をきいて、
とても感動したのを覚えています。

その時に作業させてもらったのが、
18th C Mahogany Chest Drawerです。
マホガニーの木目がとてもきれいなチェストでした。
IMG_3164_R.jpg

IMG_3166_R.jpg

IMG_3130_R.jpg




家具選びのポイントは
自分が好きであればいいと思います。

他の人から見てセンスが良いと思われる家具とか
自慢のできる家具ではなくて、

自分の生活の中に入ってきて、心を潤してくれるような、
愛着のわく家具です。

ですから、どうして、この家具買ったの?と聞かれたら、
好きだからと応えられるようなものを探しています。
posted by masamune at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 見るポイント

2011年07月30日

家具を選ぶ。1

どうやって家具を選びますか?

イギリスの学校でアンティーク家具を修復する為に、
学校では本当にクライアントからお金をいただいて
家具をあずかっていました。
見積もりもだすし、必要な時は運搬もしましたし、
調査や歴史的な背景の問い合わせなども、
ロンドンの美術館にいって直接聞くことができました。
ですので、直接クライアントと接することができました。

さて、クライアントの多くはアンティークをこよなく愛する
一般の人たちです。
次に多いのは、ディーラーと呼ばれる人たちです。
いろんなオークション会場から売りに出されたものを買っては
修復をさせて、また売りに出す人です。
資産家で定期的に自宅の家具のメンテナンスをする人もいました。

イギリス人の生活の中に、アンティーク家具はあるので、
業者を探すことも、お店を探すことも、その気になればできることです。
しかし、少しづつ伝統的なものをめんどくさがる雰囲気もあり、
まったく興味ない人もいます。
ただ、みんな知っているものだと思います。

それでは、どのようにして家具を買ったり、売ったりするのでしょうか?
そこには何かルールや見るポイントなどがあるのでしょうか?
つづく
posted by masamune at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 見るポイント