2011年09月14日

少しづつ広がるつながり。

昨日は久しぶりに長津さんと電話でお話をさせていただきました。

長津さんのオリジナルの鋸に「窓鋸」というものがありまして、

鋸に大きな窓が開いています。とても特徴的なので、一度見ると忘れません。

こちらのブログに写真があります。

http://blog.goo.ne.jp/mitsurouwax/e/05e83afa27a7ab6662647f1e68b2e234

写真を見るだけでも、凄味が伝わってきます。

電話でのおはなしも緊張しながら、やっとの思いで話を聞いています。

こちらは素人ですので、ぶしつけな質問をしていると思うのですが、

快く丁寧に教えていただきました。

ただ、この窓についてだけは、電話では時間が足らないので、今度ゆっくりねと。

やはり、なみなにならないこだわりあるのだなと思いました。

一度ゆっくりお話を聞きに京都に行きたいと思います。

それまでに、基本的なことをこちらのブログでじっくり勉強していきたいと思います。

http://blog.goo.ne.jp/mitsurouwax/e/05e83afa27a7ab6662647f1e68b2e234

写真からずっと下へ行くと、赤い文字で4項目並んでいます。

興味のある方は是非ご覧ください。

ゆっくりと読むとわかるように、丁寧に解説してくれています。

こちらのブログを書かれているのは、

小川耕太郎百合子社 の小川さんです。いろんな種類のワックスを自社開発で

作っておられて、子供のいる環境では安心安全で人気の高い商品です。

もともと檜のフローリングを作る際に、自然塗料で塗装しようとしたら、

いいものがなかったそうです。そこから作ってしまうのですから、

小川さんもすごい職人です。塗布も手入れもとても簡単ですから、

無垢の床材をお使いの方は一度検討されるといいと思いますよ。

http://www.mitsurouwax.com/

近い将来、アンティーク家具用のマサムネ工房オリジナルワックスも開発してくれないかな―。
posted by masamune at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々徒然
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47930506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック